ネイルの初歩「マニキュア」を奇麗に塗る方法

ネイルの初歩「マニキュア」を奇麗に塗る方法

気軽に塗れて落とせるネイルと言えばマニキュアです。
ドラッグストア・バラエティショップ・スーパーなどでお手頃な値段で購入できるとあって、ジェルネイルやスカルプチュアが難しい方でも簡単に爪のおしゃれを楽しめます。
しかし、塗り方は意外と難しいため、いつもはみ出てしまうという方も多いのではないでしょうか。
ちょっとしたコツさえ覚えてしまえば、誰でもプロ並みに奇麗に塗れるようになります。

■油分を落とす
爪に油分があると上手に塗れないので、しっかり手を洗うかエタノールで拭いて爪の表面をきれいにします。
少しでも油分が残っていると、マニキュアが弾かれてムラになります。

■ベースコートを塗る
マニキュアが塗りやすくなると同時に、色素沈着を防いでくれます。
爪全体に薄く塗り、爪の先端やサイド部分にも塗っておきます。
薄く重ね塗りをすると奇麗に色が出ますが、ほどほどにしておかないと汚くなります。

■マニキュアを塗る
最初に爪の先端部分に塗り、剥げるのを防ぎます。
中央を塗ったら両サイドを塗り、濃くしたい場合は2度塗りをします。
同じ方向に向かって塗るようにし、ブラシによるムラができないようにしてください。

■はみ出したマニキュアを拭く
除光液をつけたウッドスティックや細い綿棒を使い、はみ出した部分を拭き取ります。
細心の注意を払わないと爪のマニキュアも拭き取ってしまうので、慎重に行うようにしてください。

■トップコートを塗る
仕上げにトップコートを塗ります。
色にツヤを与え、マニキュアが剥がれるのを防いでくれます。
マニュキュアを塗ったままにする場合は、2~3日に一度はトップコートを塗るようにしてください。

    Copyright(C) ネイル初心者必見!ネイルアート入門サイト All Rights Reserved.